もみじヶ丘病院の理念

  • 01 医の倫理に基づき、人権を尊重し、心豊かな安らぎの医療を行う
  • 02医療の質向上に努め、地域精神科医療・福祉に貢献する
  • 03 和を大切に、健全で明るい職場づくりに努める

患者様の権利

もみじヶ丘病院では、診療を行う上に置いて、次に掲げる事項を患者様の権利として尊重し、治療を行っています。

  • 01 個人としてその人格を尊重された対応を受ける
  • 02 治療内容について十分な説明を受ける
  • 03 病状に応じた適切な治療及び支援を受ける
  • 04 自分の意見を表明し、自己決定できるように援助を受ける
  • 05 個人の秘密が守られ安心して治療及び支援を受ける

もみじヶ丘病院の基本情報

病院概要

詳しく見る
施設名 もみじヶ丘病院
住所 〒620-0879 京都府福知山市荒木 3374
電話番号 0773-22-2288
ファックス 0773-22-0175
診察科 精神科・心療内科・内科・放射線科・歯科
院長 芝 伸太郎

アクセス

JR 福知山駅より徒歩2分

いちごカフェ

もみじヶ丘病院では、毎月第2・4金曜日に物忘れでお困りの方や心配の方、ご家族、支援者が集う「いちごカフェ」を開催しています。
おいしい飲み物やお菓子を食べながら、ほっと一息できる場所です。医師・看護師・薬剤師・栄養士・精神保健福祉士など、様々な職種のスタッフがいます。
必要に応じて相談も出来ます。まずはお話をお伺いしますので、お気軽にお立ち寄りください。

詳細情報
開催日 毎月第2・4金曜日
活動時間 13:00~14:30(祝日の場合は休み)
開催場所 もみじヶ丘病院内 会議棟・あづまや
参加費 お飲み物1杯につき、100円(イベントにより変更あり)

グループホーム福知山について

退院後の住まいや仕事探しの問題など、患者さんの社会復帰に向けた取り組みには、さまざまな困難が伴います。とりわけ住まいの問題は家賃や家主の理解という高い壁を越えなくてはなりません。
また、一人暮らしの場合は、生活の煩わしさから再度入院となるというケースも少なくありません。
当院では、こうした問題を克服し、ひとりでも多くの患者さんが自立、社会復帰を実現できるように民家を活用したグループホームを運営しております。グループホームでは、ホームで生活する、外泊訓練の場とする、退院準備を行う、単身アパート暮らしの人と夕食をともにするなど、さまざまな目的で利用されています。
退院された方の本当の意味での「社会復帰」を目指し、より自然な形で生活ができる場となるようにしています。

福知会トップページへ